【Webディレクター】新人Webディレクターにおすすめの勉強法。Webディレクションを体系的・効率的に学ぶ

「【Webディレクター】新人Webディレクターにおすすめの勉強法。Webディレクションを体系的・効率的に学ぶ」のアイキャッチ画像

Webディレクターを目指したい方に向けて、おすすめのWebディレクター関連書籍やオンラインスクールを紹介していきたいと思います。Webディレクションに必要なスキルを効率的・体系的に学びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


想定読者想定読者
・Webディレクターを目指したい
・Webディレクションに必要なスキルを体系的、効率的に学びたい
・おすすめの書籍やオンラインスクールを知りたい

書籍から学ぶ

Webディレクションの新・標準ルール 改訂第2版 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント


1冊目にご紹介するのが、「Webディレクションの新・標準ルール(改訂第2版)」です。

企画や設計等の上流工程から制作や運用まで、
Webディレクションに求められる業務フローを網羅的に解説しています。


まずはじめに通し読みをしてWebディレクションの全体像を把握、
以降は、実務も踏まえ気になる点を確認する辞書的に活用する流れがおすすめです。

言葉の定義等も丁寧に記載されているので、未経験の方も読みやすい書籍かと思います。


Webディレクションの新・標準ルール システム開発編 ノンエンジニアでも失敗しないワークフローと開発プロセス


Webディレクターは開発面の知識も求められます。

もちろんエンジニア程のスキルは必要ありませんが、彼らともスムーズに会話をしながらプロジェクトを遂行するた目には、ある程度の知識を保有しておくことが望ましいです。


そして本書は、Webディレクターとして知っておきたい開発面に関する情報をわかりやすく解説しています。

1冊目同様、はじめはざっと読み全体像を把握し、
各フェーズ(設計・開発・テストなど)毎に気になる箇所は都度振り返る活用が良いでしょう。


現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】


特に運用に携わるWebディレクターは目を通しておくべき書籍です。

Webサイトは作って終わりではありません。

サイト(ビジネス)の目標達成を目的として、どのようにWebサイト上のデータを見ていけば良いか。
そしてどのように改善策を検討・実施していくべきか。

運用フローにおいて実践すべきことを具体的に解説している書籍になります。


Webサイト制作・運用で重要な「KPI」や「PDCA」等についても分かりやすく紹介されているので、Webディレクションの理解を深めたい方にとっては必読書です。


世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく


Webディレクションとは直接的な関係はありませんが、あらゆる物事に対して「適切に考える力」を養うことを目的に、おすすめ書籍としてピックアップしました。

Webディレクター(もちろん全てのビジネスにとって)問題発見・解決力は必須スキルです。

抽象的な問題を如何に読み解き、最適解へと導いていくか。そのために必要な考え方を解説しています。


事例も交えながら丁寧に解説されているので、問題解決関連の書籍の入門書としてもおすすめです。


実践的に学ぶ

TechAcademy Webディレクションコース

TechAcademy

短期的かつ効率的にWebディレクションを学びたい方は、スクールを利用するのも良いでしょう。

オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」が提供する「Webディレクションコース」では、未経験や初学者でも、制作の知識,マネージメント,企画,提案,設計など、Webサイト制作に必要なディレクションスキルを幅広く身に付けることができます。


またホームページでは以下を対象者としています。

Webディレクターを志望する社会人・学生の方
忙しい社会人の方でも働きながらジョブチェンジが可能です。学生の方も実践的学習によりスキルが身につき就職に役立ちます。

スキルアップを考えているディレクターの方
制作の知識・マネージメント・企画・提案・設計など広く学ぶため、足りていないスキルを補うことができます。

ディレクションを学びたいエンジニア・デザイナー
開発やデザインに入る前の工程を一通り学べるため、ディレクターへの転向やプロジェクト全体の把握に役立ちます。  

企業のWeb担当の方
制作メンバーのアサインや外注への依頼方法などプロジェクトマネージメントを実践的に学習できます。 


パーソナルメンターが付き、週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日19~23時のチャット・レビューサポートなど、サポート体制が手厚く充実しています。短期間でスキルアップを実現できるため、気になる方はまず無料説明会動画を見た上で、検討してみるのが良いでしょう。

Webディレクションコースについて詳しく見る