【Adobe XD】無料で利用できる?XDの利用プランについて詳しく解説

「【Adobe XD】無料で利用できる?XDの利用プランについて詳しく解説」のアイキャッチ画像

Adobe XDは、2017年に公式リリースされた、WebサイトやアプリのUIUXの作成に強みを持つデザインツール。本記事では、Adobe XDの利用プランの違いについて詳しく解説します。


想定読者想定読者
・Adobe XDにはどんなプランがあるのか知りたい
・Adobe XDのみを利用する場合の料金を知りたい
・XD単体プランとコンプリートプランの料金や機能の違いを知りたい

Adobe XDについて


Adobe XDは、WebサイトやアプリのUIUXの作成に強みを持つデザインツールです。


Webサイトやアプリは、見た目のわかりやすさや、使いやすさが求められます。

XDは、クリックやページ遷移の挙動を含めたデザインや検証を目的にした活用などに向いています。


主な特徴

  • コーディング知識が不要、かつ直感的な操作性で初心者でも扱いやすい
  • デザインテンプレートが豊富なため、様々なデザインが短時間で実現できる
  • 複数人でリアルタイムに共同編集を行うことができる


他のAdobe製品との比較など、その他のXDの特徴は、次の記事で解説しています。



XDを始める具体的な手順は次の記事で解説しています。



Adobe XDの利用を検討している方は、公式サイトからも詳細を確認してみてください。



Adobe XDの利用プラン

利用プランの概要


Adobe XDを利用するには「XD単体プラン」と「コンプリートプラン」のどちらかを選択します。



各プランの利用可能アプリ数

  • 単体プラン:一つのアプリが利用可能
  • コンプリートプラン:20以上のすべてのアプリが利用可能

XDのみの利用を考えている方は、単体プランで十分でしょう。

次に、どんな場合にコンプリートプランがお得になるかを見ていきます。


以下表は、Adobe Creative Cloudの主なアプリの「単体プラン」時の料金です。


アプリ名概要年間プラン
月々払い(月額)
年間プラン
一括払い(年額)
月々プラン
(月額)
Acrobat ProPDF編集・結合など1,738 円20,856 円
※月額1,738円相当
2,948 円
Photoshop写真編集など2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
Illustrator印刷用データ、イラスト作成など2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
InDesign印刷用レイアウト、本・雑誌作成など2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
Premiere Proビデオ映像編集・加工2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
After Effectsビデオに特殊効果・合成・タイトル制作2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
Lightroomデジタル画像管理・補正1,078 円12,936 円
※月額1,078円相当
なし
Adobe XDWebサイトやアプリのUIUXの作成なし10,978 円
※月額915円相当
1,298 円
Animateアニメーションデザイン2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
DreamweaverWebページ作成2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
Audition音声編集・制作2,728 円28,776 円
※月額2,398円相当
3,828 円
InCopyInDesignファイル簡易編集638 円6,336 円
※月額528円相当
968 円
各アプリ単体プランの料金(税込み)

アプリによって金額が異なることがわかります。

これらのアプリの組み合わせにより、6,480円/月を超える場合は「コンプリートプラン」を検討するのが良いでしょう。




XDの「単体プラン」と「コンプリートプラン」の比較



Adobe XDには「XD単体プラン」と「コンプリートプラン」の2種類があります。

また学生や教職員の方には、コンプリートプランをかなりお得に購入できるプランも用意されています。


XDのプラン別料金比較

次の表は、各プランの料金を比較したものです。

プラン名年間プラン
月々払い(月額)
年間プラン
一括払い(年額)
月々プラン
(月額)
XD単体プランなし10,978 円
※月額915円相当
1,298 円
コンプリートプラン
(通常版)
6,480 円72,336 円
※月額6,028円相当
10,280 円
コンプリートプラン
(学生・教職員向け)
2,178 円26,136 円
※月額2,178円相当
なし
Adobe XDのプラン別「料金」比較(税込み)

どのプランも「年間プランの一括払い」が最も安いことがわかります。

各プランの違いは以下のとおりです。


契約プランの違い

年間プラン 月々払い(月額)

年間の契約をおこない、月々に請求が発生するプラン。
年間契約をすることで年間割引が適用され、月々プランよりもお得に購入できる。
※ 契約途中での解約には解約料が発生
※ 支払い方法:クレジットカードのみ


・年間プラン一括払い(年額)

上記年間プランの価格を 1 年分まとめて前払いで支払うプラン。
月々請求が煩わしい、まとめて払いたいという方向けのプラン。
※ 一部、年一括を月換算しても同金額のアプリもある
※ 支払い方法:クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い


・月々プラン(月額)

月ごとに契約更新を行うプラン。個人版でのみ選択可能。
プロジェクトなどの短期間利用の場合に便利。
※ 支払い方法:クレジットカードのみ



ちなみに学生や教職員の方は、学割を利用できます。

コンプリートプランをかなりお得に購入できるので、使わない手はないでしょう。


利用条件や具体的な購入方法は、次の記事で解説していますので参照ください。


社会人でもお得に購入する方法も存在します。そちらの詳細は以下記事をご覧ください。



次に各プランに含まれる機能を見てみましょう。


XDのプラン別機能比較

機能XD単体プランコンプリートプラン
レイアウトとデザインの機能✔︎
プロトタイプとアニメーションの機能✔︎
共同編集共有ドキュメントと編集者の数、無制限
リンク共有共有リンクの数、無制限
アセットの書き出し(png, jpeg, svg)✔︎
PDF書き出しPDF書き出し、無制限
ビデオ書き出し(macOSのみ)ビデオ書き出し、無制限
ドキュメント履歴30日間60日間
クラウドストレージ100GB
Creative Cloudライブラリ✔︎
リンクされたライブラリ無制限のライブラリ
Adobe Fontsの利用ポートフォリオプラン(全フォントライブラリ)
Creative CloudアプリXD20以上のCreative Cloudアプリ
Adobe XDのプラン別「機能」比較

XD単体プランとコンプリートプランの違いは、主に下記であることがわかります。


XD単体プランとコンプリートプランの主な違い

  1. 扱えるアプリの数(表内、水色箇所)
  2. ドキュメント履歴の期間(表内、ピンク色箇所)

1のアプリ数が、プラン名のとおり一番の違いでしょう。

その他に唯一違うのは「2ドキュメント履歴の期間」です。


ドキュメント履歴とは、編集履歴を参照できる機能です。

これにより何度もファイル名を変更&保存する必要がなくなるため、安心して作業をすることができます。

コンプリートプランの方が、過去に遡って参照できる期間が長いということですね。


詳細や実際の操作画面は、以下Adobe公式サイトをご確認ください。


Adobe XD ユーザーガイド
>「デザインの共同作業と共同編集」
>「デザインのリビジョンの管理」


各プランのまとめ


ここまでの情報を以下にまとめます。


各プランの特徴まとめ

  • XD単体プランとコンプリートプランの主な違いはアプリ数
  • 使いたいアプリの料金が「6,480円/月」を超える場合はコンプリートプランの検討がおすすめ
  • 支払プランは「年間プラン 一括払い」が最もお得に購入できる
  • 学生や教職員の方は、「コンプリートプラン」をかなりお得に購入できる

決めきれない方は、コンプリートプランの7日間の無料体験期間を活用して、無料期間中に様々なアプリを試してみるのも良いかと思います。



いずれにせよ、ご自身の目的に応じてプランを選びましょう。


おわりに


今回はAdobe XDの利用プランについて解説しました。

XDは「XD単体プラン」と「Creative Cloudコンプリートプラン」の2つのプランがあります。



XD以外にも、様々なアプリを利用してみたい方は「コンプリートプラン」が良いでしょう。


コンプリートプランでは、Photoshop、Illustrator、Adobe Express、Premiere Pro、Acrobat Proなど、20以上のアプリを利用することができます。



XDのみの利用を考えている方は、XD単体プランで十分かと思います。




Web制作の流れやノウハウも発信していますので、ぜひ参照ください。




アップロードした画像munerin

最後までご覧いただき、ありがとうございました!