【Adobe CC】学生・教職員ならコンプリートプランの学割一択。対象者や購入方法を詳しく解説

「【Adobe CC】学生・教職員ならコンプリートプランの学割一択。対象者や購入方法を詳しく解説」のアイキャッチ画像

Adobe Creative Cloudは、学生や教職員でなくても、全員が「学割」でお得に購入する方法があります。本記事では、学割で20種類を超えるアプリを含む「Creative Cloud コンプリートプラン」を購入する方法を詳しく解説します。


想定読者想定読者
・Adobe Creative Cloudの学割プランはどんな人が使えるのか知りたい
・Adobe Creative Cloudのアプリを学割で購入する方法を知りたい
・学生や教職員でなくても、学割が利用できる方法を知りたい

Adobe CCの学割プランとは?


www.adobe.com

学割の利用方法と対象者


Adobe Creative Cloud(以下Adobe CC)を学割で利用する方法は2パターンあります。


学割の利用方法

  1. 通常学割の利用
  2. Adobe認定オンラインスクールの活用

1の「通常学割」は、主に以下条件を満たす方が利用できます。


・13歳以上の学生(中学校や専門学校など、各種学校に通っていること)

・常勤、非常勤の教員(雇用関係のない派遣の場合は対象外)


対象機関は、以下一覧表に掲載されている学校となります。

教育機関向けライセンスの対象一覧


基本的に上記条件に合致する方であれば、利用対象と捉えて問題ないでしょう。

不安な方は、上記リンクから対象一覧をチェックしてみてください。


購入資格の証明について



購入資格の証明は、基本的に学校が提供するメールアドレスによって行われます。

学校ドメインが含まれる「xxx@xxx.ac.jp」の有無によってチェックされるということですね。


またメールアドレスによる証明が難しい場合、以下書類の提出が必要な場合があります。


・学生証/学生手帳

・在学証明書

・健康保険証(中学生に限る)


ここまで通常学割についてまとめました。

しかし、学割プランは学生や教職員でなくても、利用できる方法が存在します。


その方法として、2の「Adobe認定オンラインスクールの活用」の解説をしていきます。


社会人が学割を利用する方法


Adobe認定オンラインスクールの活用によって、

学生や教職員でなくても、全員が学割料金で購入することが可能になります。


対象スクールは以下の3つです。


Adobe認定オンラインスクール


中でも「デジタルハリウッド」と「ヒューマンアカデミー」は、税込39,980円~のプランがあります。

これは、Adobe CC1年分に受講料も含まれた金額ですので、かなりお得です。


社会人がAdobe CCをお得に買う方法は、以下記事で解説していますので参考ください。


注意点として、スクールによりキャンペーン開催時期や料金は変動する場合があります。

最新情報は、各スクールのサイトにてご確認ください。


Adobe CCの学割料金



Adobe CCの学割料金について、以下の表にまとめます。


購入方法対象料金(税込)プラン概要
通常購入全員72,336 円基本的に、1年間、20以上のCreative Cloudアプリが利用可能
学割購入通常版学生・教職員26,136 円
スクール利用全員39,980円~
購入方法別の料金比較

表の一番下「スクール利用」については、

前述のとおり、3つのオンラインスクールが対象となっています。


それぞれの料金は以下のとおりです。


スクール名料金(税込)
デジタルハリウッド 39,980 円
ヒューマンアカデミー 39,980 円~
アドバンスクール 51,700 円
オンラインスクール別料金比較(スクール利用の場合)

ヒューマンアカデミーは3つのコースが用意されているなど、各スクールに特徴があります。


ただデメリットとして、開催時期や料金は変動する場合がある点が挙げられるでしょう。

最新情報は各スクールのサイトにてご確認ください。


Adobe CCを学割で購入する方法



ここからは、以下それぞれの場合のAdobe CCを学割で購入する方法を解説します。


・学生や教職員

・学生や教職員以外


通常の学割(学生・教職員)の場合

① 学生・教職員版のプランページにアクセス


まず学割専用のプランページにアクセスしましょう。

契約プランを選択し、「購入する」ボタンをクリックします。



② メールアドレスの入力


メールアドレス入力欄にメールアドレスを入力します。

既にAdobe IDがある場合は、登録済みのAdobe ID(メールアドレス)を入力しましょう。


契約プラン内容を確認し、問題なければ「支払手続きへ」ボタンをクリックします。



登録済みのAdobe IDを入力した場合、以下のログイン画面が表示されます。

パスワードを入力して「続行」をクリックします。



③ 支払方法の入力


支払方法の選択画面が表示されます。

クレジットカード払いの場合は、カード番号や有効期限など各種情報を入力し、「教育機関在籍の確認へ」ボタンをクリックします。



④ 教育機関情報の入力


在籍の教育機関情報の入力を終えたら、「注文する」ボタンを押します。



⑤ 購入完了


購入完了画面が表示されたら、以上で購入完了です!

メールアドレスに届く注文確認メールも、忘れずに確認しましょう。


学生・教職員以外の場合


学生・教職員でない場合は、Adobe認定オンラインスクールから購入します。

対象スクールは以下の3つです。


Adobe認定オンラインスクール


どのスクールでもとても簡単に購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。


学割に関するQ&A


対象となる教育機関はどこか


Adobeが定める対象の教育機関は、以下一覧表に掲載されている学校となります。

教育機関向けライセンスの対象一覧


卒業前に購入した場合も学割料金で購入できるか


購入時点で、対象の教育機関に属していれば、契約期間中(1年間)は学割プランの料金が適用されます。

そして卒業前の3月31日までに購入することで、卒業後も契約期間中は追加料金なしで利用することができます。


学割プランの機能に制限はあるか


コンプリートプランの通常版と比べて、機能制限はありません。


おわりに


今回はAdobe CCの学割プランについて解説しました。


学割の利用方法には、以下の2種類が存在します。


  • 学生と教職員が対象の「通常版」
  • 社会人など、学生と教職員以外が対象の「スクール利用」

購入方法対象料金(税込)プラン概要
学割購入通常版学生・教職員26,136 円基本的に、1年間、20以上のCreative Cloudアプリが利用可能
スクール利用全員39,980円~
購入方法別の料金比較


定額購入では72,336 円掛かかるため、どちらもかなり安くなっています。


今のうちに学割を利用して、Adobeアプリをお得に利用しましょう。





アップロードした画像munerin

最後までご覧いただき、ありがとうございました!