【Adobe XD】Adobe XDとは?特徴から活用イメージまで詳しく解説

「【Adobe XD】Adobe XDとは?特徴から活用イメージまで詳しく解説」のアイキャッチ画像

Adobe XDは、2017年に公式リリースされた、WebサイトやアプリのUIUXの作成に強みを持つデザインツール。本記事では、初心者向けに、XDの特徴や活用イメージなどを詳しく解説します。


想定読者想定読者
・Adobe XDがどんなアプリか知りたい
・他のAdobeアプリとの違いを知りたい
・Adobe XDの始め方を知りたい

Adobe XD とは


まずAdobe XDの役割や特徴について解説します。

Adobe XDはどんなアプリか


Adobe XDは、2017年に公式リリースされた、WebサイトやアプリのUIUXの作成に強みを持つデザインツールです。


Web制作の過程には、次のような作業があります。


  • 情報設計
  • ワイヤーフレーム作成
  • UIデザイン
  • プロトタイプ作成

パワーポイントを活用した情報設計やワイヤーフレーム作成、イラストレーター等でUIデザイン、そして各ページ遷移先の情報も仕様書に纏めていく..


これらの工程はすべて、Adobe XDで実現することができるのです。

大まかに分類すると、XDには、主に次のような機能があります。


  1. ワイヤーフレーム・デザイン作成
  2. プロトタイプ作成
  3. 共有・コメント

ワイヤーフレーム・デザイン作成はもちろん、ボタンやリンクをクリックした後のページ遷移や、ページ内スクロールの挙動も「プロトタイプ」として作成することができます。



このプロトタイプ機能によって、Adobe XDの画面内で、実際のWebサイトやアプリを触るように、UIUXの検証をすることが可能になるわけです。


そしてチームで同じファイルにアクセスして、リアルタイムに共同編集が出来るのはもちろん、XDをインストールしていない相手からも「リンク共有※」を通して、瞬時にフィードバックを得ることができます。

※Webブラウザ上で共有リンクを開き、プロトタイプの閲覧が可能となる



このように、XDは情報設計からエンジニアや関係者への共有までのあらゆる作業にワンストップで対応できる、とても便利なアプリです。


他Adobeツールとの比較


Adobeには他にもデザインツールが存在します。

代表的なツールとして、PhotoshopとIllustratorが挙げられるでしょう。


これらは主に次のような違いがあります。(上記画像内の記載テキストと同じ内容です)


□ Adobe XD
強み:WebのUIUXデザイン
XDはUIUXデザインに強みを持つツールです。
Webサイトやアプリは、見た目のわかりやすさや、使いやすさが求められます。
クリックやページ遷移の挙動を含めたデザインや検証を目的にした活用などに向いています。

Illustrator
強み:グラフィックや紙媒体のデザイン
Illustratorはイラストやグラフィックデザインに強みを持つツールです。
特に雑誌やパンフレットなど、紙媒体のデザインで活用される場合が多いと思います
またベクターデータを扱えるため、ロゴやアイコンの作成にも向いているツールです。

□ Photoshop
強み:画像や写真の高度な加工
Photoshop画像や写真の加工に強みを持つツールです。
写真の色・明るさの調整や合成、切り抜きや背景の削除はもちろん、思い描くままに写真の加工ができます。高度な描画ツール、豊かで自然な表現を可能にするブラシツールなど様々な機能が備わっています。


ただし各ツールの使い分けに絶対の正解はありません

自身の経験や作業スタイル等にもよるため、各ツールの強みの一例として参照ください。


XDの利用方法について


Adobe XDは、「XD単体プラン」と「Creative Cloudコンプリートプラン」の2つのプランから選べます。

アプリは基本的に有料ですが、どちらも7日間は無料で全機能を試すことできます。



Adobe XDの利用プランの詳細は、以下の記事で解説しています。



コンプリートプランは、XDをはじめ、Photoshop、Illustrator、After Effectsなど、20以上のCreative Cloudアプリが含まれたものです。




まずはAdobe XDを触ってみたい人は、XD単体プランを無料体験してみるのが良いでしょう。




Adobe XDのインストール方法は、以下の記事で解説しています。


Adobe XDの活用イメージ


次にAdobe XDの活用イメージについて、実際の画面例と一緒にご紹介します。

Webサイトデザイン
adobe.com
アプリデザイン
adobe.com

Webサイトやアプリ制作において、Adobe XDの活用は欠かせません。

次のような、制作現場で発生する作業を一気通貫して対応可能となります。


  1. ワイヤーフレーム・デザイン作成
  2. プロトタイプ作成
  3. 共有・コメント

XDをインストールしていない相手にも、制作画面の共有ができるのも嬉しい機能ですね。


おわりに


今回はAdobe XDについて、アプリの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

デザインツールに興味のある方は、無料期間を活用して試してみるのも良いでしょう。




Web制作の流れやノウハウも発信していますので、ぜひ参照ください。




アップロードした画像munerin

最後までご覧いただき、ありがとうございました!